ピーチローズはお尻のニキビ対策にも使えます!

ピーチローズを使おうと思っている人のほとんどは、おそらくお尻のシミ、黒ずみをケアしたいと思っている人が多いと思いますが、お尻の肌を健康にしてくという意味ではお尻のニキビ対策にも実はかなり効果的なんですよ。

お尻にニキビができるのは、ホルモンのバランスなど自律神経の問題もありますが、たいていはお尻の肌が乾燥することによって、毛穴にある皮脂腺から皮脂の分泌が多くなりすぎてしまったからです。

この皮脂腺からでてくる皮脂の分泌を抑えるためには、まずはお尻を乾燥から守ってあげない事には治まってくれません。

ピーチローズにはプラセンタやヒアルロン酸、それにコラーゲンなどの保湿効果の高い成分がたくさん入っているので、皮脂を抑制する効果はとても高いんですね。皮脂の抑制効果が高いという事はそれだけニキビ対策としての効果が高いことを意味するので、ピーチローズはお尻のニキビ対策としても良いアイテムだという事ができます。

もちろん、美白効果も高いんですよ。もともとはお尻の黒ずみ対策として販売されたのがピーチローズですから。特に、アルブチンなんかは美白成分としてよく知られている成分で、アルブチンがある事で今ある黒ずみ対策にもなりますが、今後新しい黒ずみができるのを効果的に防いでくれます。

ニキビ対策にしても、黒ずみ対策にしても、化粧品である以上はすぐに効果がでるものではないですが、ピーチローズは続けていけば、いずれは報われる、そんな化粧品ですね。

ピーチローズの効果は高めるには。

ピーチローズでお尻の美白ケアをしている人に一つアドバイスをするとしたら、それはピーリングをしてターンオーバーを促していこうという事ですね。

ターンオーバーっていう言葉はどこかで聞いた事があると思いますが(というか前回の記事でも使っていましたね。汗)、肌の生まれ変わりの事です。

つまり、肌表面にシミがあるとしたら、その奥の方からシミない綺麗な肌細胞が生まれて、それがだんだんと上の方にやってくるサイクルの事です。

シミがない肌細胞なので、それをできるだけ早く肌表面に持ってきたいですよね。

本来のスピードよりも早めるのはダメですが、ピーリングなどを使用して古くなった角質を落とす角質ケアは、ターンオーバーの促進にはとても大事な事です。

もしかしたらピーリングの存在は知っている人も多いかも知れないですが、いざ実践しているかどうかと言えば、おそらく実践している人は少ないのが現実では無いかと思います。

ですが、ピーチローズのような美白化粧品を使い、さらにピーリングで角質ケアをする、この二刀流で行けば、お尻が綺麗に美白される事は間違いないと言っても良いぐらいですよ。

お尻用のピーリング化粧品はまだでていないですが、普通のピーリング化粧品を代用しても全く問題ありません。是非美じりを目指している人はピーリングとピーチローズの二刀流で行って欲しいと思います。

美尻にしてくれるピーチローズ!

美尻にしてくれるピーチローズとしてアットコスメでも口コミ投稿件数が1000件以上あるピーチローズですが、このピーチローズにはどんな効果を期待していいのでしょうか?

公式サイトでは、ニキビに効果的であったり、シミに効果的であったりと説明されていますが、実際の所はどうなのでしょうか?

ピーチローズを付けて効果を感じられる事の一つにお尻の潤いがでてきた、というのがあります。

これはニキビやシミなどの特定の目的に対して直接的な効果ではないですが、とても重要なんですよ。

というのも、ニキビやシミができるという事は、もっといえば繰り返しニキビができたり、一度できたシミがなかなか消えてくれないという事は、肌の新陳代謝であるターンオーバー、簡単に言えば肌の生まれ変わりですね、これが正常に機能していないことを意味しています。

原因のほとんどは肌に潤いがない事なので、潤いを与える事は美尻対策には大前提であり、必須の条件です。

ピーチローズの効果何ですか?と聞かれれば私であれば、まずはお尻に潤いをもたらす効果がある、と言えますね。

ニキビとかシミについてはまたのち程解説します。